缶コーヒー探求・レビューブログ:淀橋二郎ドットコム

缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物です。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探し求めてレビューを書くブログ。その他、商品レビューや食べたもの買ったもの行った所を色々レビュー。ヨドバシカメラ全店制覇なども。

ダイドーブレンド

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタスブラックを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal



デミタスシリーズ飲み比べ。
前回の微糖に続き、ブラック無糖です。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタス微糖を飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:牛乳、 コーヒー、砂糖、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
■100gあたりのカロリー:33kcal

缶コーヒー ダイドーブレンド デミタス微糖


糖類34%減となっている割には前回レビューした『ダイドーブレンド デミタスコーヒー』と比べても100gあたりのカロリーは3kcalしか変わってないんですよね。

まあ、人工甘味料入り微糖缶コーヒーしか選ばない方もいると思うので、商品ラインナップとしては必要なんでしょうけど。

いやむしろ、そんな事を言っているのは昔からの缶コーヒーファンだけで、今やデミタスコーヒーの顔は微糖タイプなわけですが。


デミタス|ダイドーブレンド|ダイドードリンコ
(ダイドードリンコ ホームページより)

ということで、普段は人工甘味料入りは買わない私ですが、ラインナップに『甘さ控えた微糖(人工甘味料不使用)』と2種類の微糖がある以上、飲み比べないわけにはいかないわけです。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタスコーヒーを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:牛乳、 コーヒー、砂糖、乳化剤、安定剤(カラギナン)
■100gあたりのカロリー:36kcal

缶コーヒー ダイドーブレンド デミタスコーヒー

個人的にも大好きなダイドーブレンドのデミタスコーヒーシリーズ4種類をまとめて飲み比べてみました。

まずは、基本となる砂糖・牛乳入りのスタンダードタイプから。

とはいいつつも、ダイドーの公式サイトの扱いだと微糖タイプ(人工甘味料使用)が主役になっているのが今の時代らしいですね。悔しいなー^^;

デミタス|ダイドーブレンド|ダイドードリンコ
(ダイドードリンコホームページより)

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド アメリカンコーヒーを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー飲料
■内容量:350g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、乳等を主要原料とする食品、乳化剤
■100gあたりのカロリー:35kcal

ダイドーブレンド アメリカンコーヒー


ビックボス』に続き、350gの大容量缶コーヒーが続きます。
ダイドーの『アメリカンコーヒー』は当ブログでは2008年以来、10年振りのレビューになります。
お馴染みの星条旗をイメージさせるイラストも良いですね。

もちろん今も発売されていることは認識していたのですが、なかなかこの大容量を買おうと思う機会がなく^^;
今回お土産でいただきまして、久々に飲む機会に恵まれました。ありがとうございます!

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド 新オトナブレンドを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン、乳化剤、カゼインNa
■100gあたりのカロリー:33kcal

缶コーヒー ダイドーブレンド 新オトナブレンド

最初「甘さ控えめ」という言葉に警戒しましたが、安心してください。
人工甘味料は入っていませんよ。

既存の加糖ミルク入り缶コーヒーに対して、「加糖は甘すぎる」「微糖でも後味がべたつく」「新商品が出ても違いが分からない」などの不満がある新オトナたちに向けて開発されたのが、この『ダイドーブレンド 新オトナブレンド』とのことです。
これ、とても共感します。
正直なところ自分自身も缶コーヒーと共に歳を重ね、甘さ控えめが好みになってきています^^;

一方で、缶コーヒーにあまり詳しくない方からよく聞く意見が「微糖を選んだのに甘い!」という意見です。これって「微糖だから甘さ控えめだろう」ということを期待していたユーザーの声なんですよね。

「甘さ控えめ」(砂糖を減らし甘さも控えめ)
「微糖(カロリー控えめ)」(砂糖を減らし人口甘味料を加え甘い)この2つの違いを分かりやすくしていきたいものです。

ところが、「甘さ控えめ」というジャンルはなぜか種類が少なく、かつ発売されても長続きしないことが多いのです。ニーズがあると思われるのに、なぜか支持されにくいところが不思議です。

この新オトナもいずれ消えてしまうのでしょうか?
それとも、これからの時代を担うスタンダードになるのでしょうか?

前置きが長くなりました。
それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド うまみブレンドを飲んでみた感想

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、コーヒーチェリー抽出物、乳化剤、カゼインNa
■100gあたりのカロリー:34kcal




うまみブレンド』のリニューアルです。
パッケージも鮮やかな青色から落ち着いた色合いに変わっていますね。
原材料の並びはとカロリーは前作と全く同じです。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド 京珈琲を飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド 京珈琲■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤、カゼインNa
■100gあたりのカロリー:36kcal

こちらは上司から八戸で見かけたと提供いただきました。

『京珈琲』というのがなんとも限定商品らしいらしいっぽい商品ですが、地域限定ではないようです。ただ私の近所にダイドー自販機がないので、東北流通の『京珈琲』をありがたく頂戴しました^^

なんで京なのかというと、珈琲豆を「京都産の絹」で磨き上げ、その絹磨き高級豆をドリップし、さらに「京都産の絹」でろ過したとのことです。すごい。

「京のイメージ」の和風デザインのデザインもなかなかよいですね。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド デミタスコーヒーを飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド デミタスコーヒー■販売者:ダイドードリンコ株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳化剤、安定剤(カラギナン)
■100gあたりのカロリー:36kcal

小容量缶コーヒー売上No.1のダイドーデミタスコーヒー。
それが、プレミアム豆1.5倍に増量でさらに美味しくなったとのこと。

デミタス缶コーヒー好きとしては飲む前から期待が膨らみます。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド うまみブレンドを飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド うまみブレンド■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、コーヒーチェリー抽出物、乳化剤、カゼインNa
■100gあたりのカロリー:34kcal

コーヒーの豆だけでなく、果肉までまるごと使用している新商品とのことで注目していたのですが、缶コーヒーファンの皆さんの間でも「うまみ」が話題になっていたので、早速購入してきました。

缶が柔らかいのでジョージアのようにアルミ缶になったのかと思ったのですが、スチール缶でした。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド(樽缶)を飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド(樽缶)■販売者:ダイドードリンコ株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:250g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、デキストリン、乳化剤、トレハロース
■100gあたりのカロリー:31kcal

前回レビューした『ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド』のショート缶ですが、こちらは樽缶になります。
デザインが変わっているのは、前作のレビューが遅すぎたからで(汗)、こちらが現行デザインです。

100gあたりのカロリーは変わっていないですが、原材料にデキストリンが加わっているので中身も変わっているかと思います。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド(ショート缶)を飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド キリマンジャロブレンド(スチール缶)■販売者:ダイドードリンコ株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、乳化剤、トレハロース
■100gあたりのカロリー:31kcal

ダイドーブレンドのキリマンジャロブレンドは樽缶があるのですが、普通のショートのスチール缶です。

昨年、三重県にあったダイドー自販機で入手してストックしていたら、すっかりレビューするのを忘れていたので、今も売られているか分かりません・・・

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド ブレンドBLACKを飲んでみた感想

缶コーヒー ダイドーブレンド ブレンドBLACK■販売者:ダイドードリンコ株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal

樽型缶のダイドーブレンドです。

なぜか、ダイドー自販機においてはお買い得品扱いで、10-30円ほど値引きされているケースが多い気がします。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドーブレンド 『泡立つデミタス エスプレッソ』を飲んでみた感想

ダイドーブレンド 『泡立つデミタス エスプレッソ』■販売者:ダイドードリンコ株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:165g
■原材料名:コーヒー、砂糖、増粘多糖類、乳化剤
■100gあたりのカロリー:24kcal

この商品は開栓前に缶を振ります。
最初はシャカシャカ音がするのですが、不思議と10回ほど振ると缶から音がしなくなくなります。

缶をあけると確かに泡立っていて、コーヒーの香りが広がってきます。

缶には微糖(糖類45%減)と書いてありますが、人工甘味料は使われておりませんのでご安心ください。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

ダイドー×第一パンの菓子パン『コーヒースチームケーキ』を食べてみた感想

◆製造者:第一屋製パン株式会社
◆名称:和生菓子
◆1個あたりのカロリー:328kcal

第一屋製パンとダイドードリンコとの共同開発企画商品として発売されている「ダイドー コーヒーメロンパン」「ダイドー コーヒースチームケーキ」の2品目から今回は「ダイドー コーヒースチームケーキ」を食べてみました。

コーヒースチームケーキ

ちなみに「ダイドー コーヒーメロンパン」のレビューはこちら

ダイドーといえば香料を使わずコーヒー本来の香りや味を引き出すことで知られているメーカーですから、当ブログとしては“ダイドーブレンドらしさ”がどれだけ再現されているかに注目です。

それでは食べてみた感想は以下から。

続きを読む

ダイドー×第一パンの菓子パン『コーヒーメロンパン』を食べてみた感想

◆製造者:第一屋製パン株式会社
◆名称:菓子パン
◆1個あたりのカロリー:324kcal

第一屋製パンとダイドードリンコとの共同開発企画商品として発売されている「ダイドー コーヒーメロンパン」「ダイドー コーヒースチームケーキ」の2品目から今回は「ダイドー コーヒーメロンパン」を食べてみました。

ダイドー&第一パン コラボ菓子パン


ダイドーといえば香料を使わずコーヒー本来の香りや味を引き出すことで知られているメーカーですから、当ブログとしては“ダイドーブレンドらしさ”がどれだけ再現されているかに注目です。

それでは食べてみた感想は以下から。
続きを読む
最新コメント
ブログランキング
投票にご協力ください☆
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
Amazonライブリンク
楽天市場
プロフィール

淀橋二郎

Twitter プロフィール
缶コーヒー歴20年以上。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探して飲んだ感想をブログに書いてます。人工甘味料入りは対象外。缶コーヒー好きの方からのフォローお待ちしてます!
QRコード
QRコード
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
管理者へ連絡

名前
メール
本文