【缶コーヒーレビュー】 サントリー BOSS 「地中海ブレンド」 甘さ控えめアイス専用 2011年版◆販売者:サントリーフーズ(株)
◆品名:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料名:コーヒー、砂糖、牛乳、クリーム、食用油脂、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK)
◆100gあたりのカロリー:19kcal

すでに梅雨も明けてしまいましたが、毎年、夏に入る前に発売されるのが、ボスの「地中海ブレンド」です。

これが自販機に入ると「もう夏なんだなー」と季節感を感じさせる商品です。「ガツン、とみかん」や秋の「グラコロ」みたいなものです(^^;

毎年恒例のこの商品、基本的には缶のデザインが微妙に変わるだけで、中身の印象ははそんなに変わっていないことが多いのですが、今回はどうでしょうか?

それでは飲んでみた感想は以下から。
 

ミルク感も少なめで極めてスッキリしている分、コーヒーのコクや苦味が際立って感じられます。苦味がしっかりしているので甘味料独特の嫌な風味がほとんど気になりません。

ちなみに普段は甘味料入り缶コーヒーを避けている私ですが、唯一心を許しているのがこの『地中海ブレンド』です。
ただし、冷たい状態からぬるくなると、一気に風味や印象が変わって不味くなるので、よく冷えた状態のものをグイっと飲んでしまうことをオススメします。

味の印象は昨年とあまり変わりませんでした。
もしかして中身同じかもしれません??
参考⇒ 
昨年の「地中海ブレンド」のレビュー [2010年5月7日]