【缶コーヒーレビュー】 ファイア(FIRE) 『ビターショット』 焦がし砂糖入り - KIRIN FIRE BITTER SHOT◆販売者:キリンビバレッジ株式会社
◆名称:コーヒー
◆内容量:185g
◆原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖(グラニュー糖、ローストシュガー)、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa、苦味料、安定剤(カラギナン)
◆100gあたりのカロリー:28kcal

登場機会が少ない添加物「苦味料」が入っているあたりからも、『目覚めのビター』の後釜のような立ち位置でしょうか。砂糖もローストシュガーを使う念の入れよう。

『目覚めのビター』はその名の通りパンチの効いた苦味でお気にりだったので、この『ビターショット』にも期待が高まります。

それでは飲んでみた感想は以下から。


コンセプト通り苦味に関しては確かに突き抜けています。
牛乳と砂糖入りですが甘さやミルク感はあまり感じられず、苦みが完全に勝っています。

苦味に関しては強烈な印象を残しましたが、ふと冷静に飲み直すとこれははたして美味しいのだろうか??(^^;

苦味のインパクトが強すぎてコーヒーのコクや風味までも薄まっている印象がしました。
ただ、好き嫌いは分かれそうですが、コレ!というコンセプトでトンガッているのはとてもよいと思います。
眠い会議やドライブなど、苦~い缶コーヒーでシャキっとしたい時にはぜひ。