京樽、ファミレス事業撤退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081004-00000021-san-ind

そして、吉野家HDは2009年2月期の業績予想を下方修正したうえに、今年の中間期は8億円の黒字予想を2億の赤字に修正。

なんてこったい orz..
吉野家本体ではなく、子会社の京樽が足を引っ張ったんですけどね。
京樽はファミレス事業を撤退。そして株の配当が無配に・・

まあ、吉野家HDの配当は継続らしいので個人的にはまだいいとして、ただでさえ右肩下がりの株価は週明けさらなる下落は確実か?

もっとも、米金融安定化法案が成立しつつも金曜日に下げたNYダウに対する週明けの日本株全体の反応次第という気もしますが。

とはいえ、個人的には本家の吉野家もどうも最近パッとしてない気がするんですよ。
目新しいニュースはワオンだけ?

8日から始まる牛丼割引セールも松屋のセール後、すき家のキン肉マン祭りとかみたいな話題性もないし、なんか後手後手な感じ。

実際に店に足を運んでも店員も外国人だらけで淡々と仕事をしていて店全体になんか覇気がない。もちろん外国人の方は真面目に働いているのでそれは全然いいんですが、日本人店員との会話ややり取りがあまりないので、ただでさえ黙々と牛丼に対峙する場で明るくはないのに、さらにシーンとして暗いんですよ。店によるのかなー。

そして肝心の味の方も、吉野家はごはん最強と思っていたのですが、近年は松屋のごはん(松屋米)のクオリティがあがった気がします。というか、松屋はごはんが固めなので好みなんですけどね。なんか吉野家は軟目。これも店によるのかなー。

米国産牛肉の輸入禁止で牛丼が販売できなかったころの吉野家の方が、他の牛丼チェーンよりもよっぽど、がんばろう感や勢いがあった気がするんですよね。

吉牛がんばれ!