缶コーヒー探求・レビューブログ:淀橋二郎ドットコム

缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物です。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探し求めてレビューを書くブログ。その他、商品レビューや食べたもの買ったもの行った所を色々レビュー。

缶コーヒー

【缶コーヒーレビュー】日本ヒルスコーヒー MAJOR BLACK ブラック無糖を飲んでみた

■販売者:日本ヒルスコーヒー(株)
■種類別名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal

缶コーヒー 日本ヒルスコーヒー MAJOR BLACK ブラック無糖


近所のドラックストアで購入しました。
前作と比べると種類別名称が「コーヒー飲料」から「コーヒー」になったり、原材料に香料が無くなったり、これは良い方向にリニューアルしたのではないか?という期待が高まります。

ちなみにMAJORの文字の後ろに隠れている「51」の数字。
最初はなんだか分からなかったのですが、「豊かなコクのブラジル産のコーヒー豆を51%ブレンド」ということで、どうやらこの「51」ではないかと思われます。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】WONDA プレジデント オブ ワンダを飲んでみた

■販売者:アサヒ飲料株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン/香料、カゼインNa、乳化剤
■100gあたりのカロリー:33kcal

缶コーヒー WONDA プレジデント オブ ワンダ

私の職場の自販機には各メーカーの缶コーヒーが入っているタイプなのですが、ワンダブランドは『モーニングショット』が固定化されており入れ替えが少ないため、久しぶりにワンダを飲みました。
といってもこちらの『ワンダ プレジデント オブ ワンダ』は2018年の9月に発売された商品で今となっては全然新作ではないのですが・・

人工甘味料を使っていないワンダということで、もうそれだけで飲む前から間違いないと分かってしまってはいるのですが、はやる気持ちを落ち着かせて贔屓なくレビューしたいと思います(笑)

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ボス サントリーコーヒー ロースタリーズ 微糖(関東・甲信越限定)を飲んでみた

■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤、安定剤(セルロース)
■100gあたりのカロリー:21kcal




先日レビューしました『ボス サントリーコーヒー ロースタリーズ ブラック』の微糖タイプです。

発売されたのは「ブラック」と「微糖」だけか・・
と、最初はがっくりしたわけですが、原材料をみてください。
そう、何が素晴らしいって「微糖」だけど、やつが入っていないんですよね。

微糖タイプ缶コーヒーとは、糖類オフでローカロリーだけど、人工甘味料のおかげでしっかり甘いので安心してください。という商品が主流なわけです。

「微糖缶コーヒーって、砂糖が少ないから甘さ控えめの缶コーヒーのことじゃないの?」
という、普通に考えればそうなりそうなことが当たり前ではない微糖缶コーヒーの常識。

だからこそ「糖類オフで、甘さも控えめ」を望んでいる私みたいな人にとっては、人工甘味料不使用の「微糖缶コーヒー」は大変貴重なわけです。

つい興奮してしまい、本商品とは関係ない話が長くなりましたよ。
それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ボス サントリーコーヒー ロースタリーズ ブラック(関東・甲信越限定)を飲んでみた

■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal



2018年7月より稼動したサントリーコーヒーロースタリー(株)海老名工場の高機能焙煎機で焙煎した豆を100%使用した商品で、関東・甲信越エリア限定の発売とのことです。

パッケージはサントリーコーヒーロースタリー株式会社のロゴが中央に配しており、いつものBOSSおじさんは控えめに。缶はザラザラした質感で高級感があり、飲む前から期待が高まります。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ボス レインボーマウンテンブレンド(2019年2月5日リニューアル版)を飲んでみた

■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
■100gあたりのカロリー:35kcal




2月5日に「プレミアムボス」、「ボス レインボーマウンテンブレンド」、「贅沢微糖」、「無糖ブラック」、「カフェオレ」のショート缶コーヒー5品がリニューアルされました。

今回、5品共通で「サントリーコーヒーロースタリー特別焙煎豆」を中心にブレンドしているとのことです。

まずは5品のなかでももっとも飲む機会が多い『レインボーマウンテンブレンド』

それでは飲んでみた感想は以下から。
続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ジェーソン オリジナルブレンドコーヒーを飲んでみた

■販売者:株式会社ジェーソン
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、加糖れん乳、乳化剤
■100gあたりのカロリー:記載なし

缶コーヒー ジェーソン オリジナルブレンドコーヒー


ご無沙汰しております。
年明け早々に風邪をひいてしまい、その後、咳が長引いてずっと喉の調子が悪く、缶コーヒーを飲む気力もない状態でしたが、やっと復活しました。

株式会社ジェーソンは当ブログ初になります。会社の人からお土産でいただきました。ありがとうございます!
千葉のディスカウントストア「ジェーソン」で入手したとのことです。
価格は税抜37円とか。安い。

気になって「ジェーソン」を調べたところ、我が家から比較的近いところにも店舗があることを発見。
今度、探求してみたいと思います。

さて、肝心の商品に話を戻すと、まず最初に気になったのは原材料。
脱脂粉乳で牛乳が入っていないところはポイントになるでしょう。
さらに37円という値段を考えると、飲む前から味はだいたい想像できてしまいますね(笑)
実際はどうでしょうか?

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】DCM 深煎りブラックを飲んでみた

■販売者:DCMホールディングス株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal



年末年始恒例ですが、2018年に入手して冷蔵庫に溜まっている在庫を消費しております。
これから暫くの間、もはや新商品ではないものや、すでに販売終了した商品など、備忘録レビューがたくさん出てきますがご容赦ください。

ということで、こちらの缶コーヒーは昨年夏に金沢まで車で行った途中に発見した、DCMホームセンター(DCMカーマ)で入手してきました。

DCMカーマ

ちなみに、DCMホームセンターは私が住んでいる関東にも何店舗もあるんですね。たまたま自分の生活圏にDCMが無かったもので、全く気づきませんでした・・(汗)
見つけた時は、地方ホームセンターの掘り出し物だと思ったんだけどなー(^^;

しかしながら、ホームセンター缶コーヒーといえば、安かろう悪かろうが横行する世界。
飲む前から若干の不安は残ります。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンドコーヒーオリジナルを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳/乳化剤
■100gあたりのカロリー:36kcal

ダイドーブレンドコーヒーオリジナル


8月になりますが、新商品『ダイドーブレンドコーヒーギンレイ』と共に、『ダイドーブレンド ブレンドコーヒー』のパッケージが6年ぶりに刷新され、『ダイドーブレンドコーヒーオリジナル』として発売されました。

先日レビューした『ギンレイ(吟麗)』に続き、今回は『オリジナル』をレビューいたします。

手にとってまず気づいたのが、缶がペコペコしている。
アルミになったかなと思ったけど、スチールでした。
でも缶は軽くなりましたね。
個人的にはガッチリ硬い缶の方が缶コーヒーっぽくて好きだったので、少し寂しさを覚えますが^^;

『ダイドーブレンド ブレンドコーヒー』といえば、1975年から43年間変わらない味わいでしたが、今回もパッケージが変わっただけで味は変わらないという認識で合ってますよね?

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンドコーヒー吟麗(GINREI)を飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:210g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、乳糖/乳化剤、カゼインNa
■100gあたりのカロリー:31kcal

ダイドーブレンドコーヒーギンレイ(GINREI)吟麗

8月になりますが、新商品『ダイドーブレンドコーヒーギンレイ』と共に、『ダイドーブレンド ブレンドコーヒー』のパッケージが6年ぶりに刷新され、『ダイドーブレンドコーヒーオリジナル』として発売されました。

先に『ギンレイ(吟麗)』をレビューいたします。

シャンパンゴールドを基調とし情報をそぎ落とすことで、瞬間的に爽快感・開放感を感じられる研ぎ澄まされた世界観をデザインで表現したとのこと。確かにダイドーではこういう雰囲気の商品は珍しいですね。

そして、まず最初に目につくのは缶の長さ。

内容量は210gと、ショート缶でもなくロング缶でもない珍しい容量です。
どちらかというと年を追うごとに内容量が減少していく傾向のなか、増えるパターンは珍しい。

一方で缶コーヒーの場合、量が多い方が喜ばしいとは一概には言えません。
というのも、量と味がトレードオフになる可能性が高いからです(笑)

それでは飲んでみた感想は以下から。
続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタスブラックを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:コーヒー
■100gあたりのカロリー:0kcal



デミタスシリーズ飲み比べ。
前回の微糖に続き、ブラック無糖です。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】DEEN カフェオレを飲んでみた

■販売者:西日本ビバレッジ株式会社
■品名:コーヒー飲料
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤
■100gあたりのカロリー:44kcal

缶コーヒー DEEN カフェオレ


私が大好きなブランド西日本ビバレッジのDEENです。
大阪千日前のパチンコタイヨーにある自販機で入手してきました。

前作と原材料もカロリーも同じ。もしかしてパッケージデザインが変わっただけ?

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタス微糖を飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:牛乳、 コーヒー、砂糖、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
■100gあたりのカロリー:33kcal

缶コーヒー ダイドーブレンド デミタス微糖


糖類34%減となっている割には前回レビューした『ダイドーブレンド デミタスコーヒー』と比べても100gあたりのカロリーは3kcalしか変わってないんですよね。

まあ、人工甘味料入り微糖缶コーヒーしか選ばない方もいると思うので、商品ラインナップとしては必要なんでしょうけど。

いやむしろ、そんな事を言っているのは昔からの缶コーヒーファンだけで、今やデミタスコーヒーの顔は微糖タイプなわけですが。


デミタス|ダイドーブレンド|ダイドードリンコ
(ダイドードリンコ ホームページより)

ということで、普段は人工甘味料入りは買わない私ですが、ラインナップに『甘さ控えた微糖(人工甘味料不使用)』と2種類の微糖がある以上、飲み比べないわけにはいかないわけです。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】ダイドーブレンド デミタスコーヒーを飲んでみた

■販売者:ダイドードリンコ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:150g
■原材料名:牛乳、 コーヒー、砂糖、乳化剤、安定剤(カラギナン)
■100gあたりのカロリー:36kcal

缶コーヒー ダイドーブレンド デミタスコーヒー

個人的にも大好きなダイドーブレンドのデミタスコーヒーシリーズ4種類をまとめて飲み比べてみました。

まずは、基本となる砂糖・牛乳入りのスタンダードタイプから。

とはいいつつも、ダイドーの公式サイトの扱いだと微糖タイプ(人工甘味料使用)が主役になっているのが今の時代らしいですね。悔しいなー^^;

デミタス|ダイドーブレンド|ダイドードリンコ
(ダイドードリンコホームページより)

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】DEEN 微糖を飲んでみた

■販売者:西日本ビバレッジ株式会社
■品名:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
■100gあたりのカロリー:18kcal

缶コーヒー DEEN 微糖


当ブログではお馴染み? 私が大好きなブランドDEENです。
前回の『DEEN オリジナルブレンド』と同じく、大阪千日前のパチンコタイヨーにある自販機で入手してきました。

オリジナルブレンドとの違いは、原材料の最後にやつが加わっているということですね。
そのおかげで、カロリーは100gあたり30kcal→18kcalにダウン。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】石光商事 ダラゴア農園ブレンド ブラックコーヒー ボトル缶 375gを飲んでみた

■販売者:石光商事株式会社
■製造者:株式会社エッセー第七工場
■名称:コーヒー
■内容量:375g
■原材料名:コーヒー(ブラジル51%、ベトナム29%、コロンビア10%、パプアニューギニア10%)/乳化剤
■100mlあたりのカロリー:5kcal



当ブログでは初登場となる、石光商事株式会社は兵庫県神戸市のコーヒー・飲料・食品の卸・販売の総合商社です。製造はおなじみの株式会社ニッセー。

まず、なんといっても缶のデザインが素敵ですよね。
ブラジルダラゴアの農園風景や暮らしをイメージしたというカラフルなデザインで全3種類。








ダラゴア農園産レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーをブレンドしたコーヒーで、香料不使用です。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む
Amazon
最新コメント
ブログランキング
投票にご協力ください☆
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
楽天市場
プロフィール

淀橋二郎

Twitter プロフィール
缶コーヒー歴20年以上。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探して飲んだ感想をブログに書いてます。人工甘味料入りは対象外。缶コーヒー好きの方からのフォローお待ちしてます!
QRコード
QRコード
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
管理者へ連絡

名前
メール
本文