■販売者:FVジャパン株式会社
■品名:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖/カゼインNa、乳化剤
■100gあたりのカロリー:30kcal

缶コーヒー DEEN オリジナルブレンド(FVジャパン)


2018年にレビューした『DEEN オリジナルブレンド』と見た目は全く同じですが、販売者名はベンダー統合で「西日本ビバレッジ」から「FVジャパン」に変更になりました。

FVジャパン


なんにせよ、大好きなDEENブランドが残ってよかったです。
ちなみにこちらはパチンコキコーナ新大阪店の自販機で入手しました。

それでは飲んでみた感想は以下から。

コーヒー感はやや薄めに感じますが、牛乳、コーヒー、砂糖のバランスがよく、いわゆる標準的なスタンダードタイプの缶コーヒーという印象です。

しっかり甘いけど、甘さでベタつくほどではなく、後味にほのかに残るコーヒーの苦さがよいですね。

最近のスタンダードタイプ缶コーヒーは砂糖・ミルク入りでもしっかりコーヒーのコクや香りを楽しめる商品が多いので、正直なところコーヒー自体の味わいにはやや物足りなさを感じるのは否めませんが、シンプルで主張しすぎない飽きのこない仕上がりになっています。

しかしながら、大阪は有名ブランドの缶コーヒーも100円以下の激安自販機で容易に入手できるエリアなゆえに、個人的には130円だとやや高く感じました。とはいえ、DEENブランドが廉価版化してチープな味わいにはなってほしくはありませんけどね。

入手先がだんだん減ってきているので心配ですが、これからも生き残ってほしいものです。
DEENが入手可能な場所の情報がありましたら教えていただけると幸いです。