■販売者:コカ・コーラー カスタマーマーケティング(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム/香料、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
■100gあたりのカロリー:22kcal

ジョージア グラン 微糖

昨年の話になりますが、自販機の1枠を抑えて発売日まで「準備中」とする大々的な宣伝を横目に見つつ、とはいえ微糖(人工甘味料入り)だから買うことはないだろうと今日まで避けてきましたが、自販機に立った時に、なぜか妙に味が気になってしまいボタンをポチっと押していました。

それでは飲んでみた感想は以下から。

まず、クリームの濃厚でなめらかな風味が広がります。
通常よりも+30%のコーヒー豆を贅沢に使用したというだけあり、コーヒーの味も濃く、苦くしっかりしています。

しかしながら、後味の人工甘味料の風味がかなり気になります。
コーヒーが濃厚な分、印象は薄まるのではと思ったのですが、なぜか人工甘味料の風味もより増して感じられるから不思議です。

確かに全体的にはとても飲みごたえがあり、メーカーのちからの入れ具合も伝わってくるのですが、個人的には後味が絶望的に厳しい結果となりました・・。

今となっては多数派であろう、微糖・人工甘味料好きの方には熱烈に支持されそうな商品ではないかと思いますね。