■販売者:西日本ビバレッジ株式会社
■品名:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、カゼインNa、乳化剤
■100gあたりのカロリー:30kcal

缶コーヒー DEEN オリジナルブレンド

当ブログではお馴染み、私が大好きなブランドDEENです。
前回の『プレミアムブラック』に続き、今回も大阪千日前のパチンコタイヨーにある自販機で入手してきました。

牛乳、コーヒー、砂糖の並び順は私が大好きなタイプ。
香料不使用で、100gあたり30kcalと今どきではハイカロリー。素晴らしいですね(笑)
でも、原材料もカロリーも前作と変わってないんですよね。中身は同じかも??

それでは飲んでみた感想は以下から。

いわゆる昔ながらの砂糖・ミルク入りのスタンダードタイプの味わいです。
砂糖の甘さ、牛乳のまろやかさとコク、コーヒーの香りとほろ苦さが渾然一体となった味わいはまさに缶コーヒーの味です。素晴らしい。

全体的にはしっかり甘いけど、ベタつく甘さはなく、後味にはコーヒーのほろ苦さが広がる、少しだけビターな味わいになっています。

今どきの缶コーヒーのようなインパクトのあるコーヒーの存在感や香りこそありませんが、昔から缶コーヒーが好きな人はある意味懐かしく感じることでしょう。飲んだ後の息が缶コーヒー臭くなるのところもね(笑)

改めて、缶コーヒーはコーヒーではなく缶コーヒーという飲み物であることを感じさせてくれる、大好きな美味しさです。入手困難なブランドではありますが、どうかいつまでも販売し続けてくれますように。