■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:350g
■原材料名:コーヒー、砂糖、牛乳、クリーム、カゼインNa、香料、乳化剤
■100gあたりのカロリー:27kcal

缶コーヒー サントリー BOSS ビッグボス

350gの缶コーヒーの新作は今どき珍しいですね。

缶単品で写真を撮ると大きさが伝わりにくいので、地中海ブレンド(後日レビュー)と並べてみるとその大きさは一目瞭然です。

img180611_1


缶がデカイと味も大味なイメージがありますが、「品名:コーヒー」かつ、牛乳も入っているのは意外です。肝心の味のほうが非常に気になります。

それでは飲んでみた感想は以下から。
容量が多い分、味はそれなりなんでしょう?
という予想は結論からいうと外れ。

さすがに濃くはないものの、十分なコーヒー感が楽しめます。

牛乳入りのミルクの味わいはレインボーマウンテンブレンドのようながっつりとした濃厚なミルク感はなくて、アイスコーヒーにミルクをさらりとまわし入れたような感じ。いわゆる砂糖・ミルク入りのスタンダードタイプとは異なり、微糖タイプに近いミルク感です。

全体的にはコーヒーのコクや渋みが感じられながら、スッキリとした甘さで仕上がっています。甘さもそこまで強くはありません。そして、後味には華やかな香りが残りますが、ここはやや香料ぽさが目立っている気がします。

味の方向性は『地中海ブレンド』に似ているので、『地中海ブレンド』が好きな方にはコストパフォーマンスでは圧倒的に『ビッグボス』の方が優れているのではないでしょうか。
もっとも、『ビッグボス』は人工甘味料不使用なので、カロリー至上主義の方は量より人工甘味料入りを選択されるのでしょうけど・・

『ビッグボス』は暑い夏にゴクゴク飲みたい缶コーヒーでした。
美味しかったです。