■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:250g
■原材料名:砂糖、牛乳、コーヒー(ブラジル産ミアキ農園豆51%)、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料
■100gあたりのカロリー:36kcal


サントリー 缶コーヒー ボス 北海道オリジナルブレンド 北海道限定


こちらも札幌市内の自販機で入手いたしました。
ブラジル指定農園の厳選豆と北海道産の牛乳を使用した、北海道限定のBOSSです。

それでは飲んでみた感想は以下から。

ロング缶タイプで原材料の先頭に砂糖が来ているとなると、甘さが強めでコーヒー感は雰囲気程度という商品が多いイメージがありますが、予想に反して、この『北海道オリジナルブレンド』はコーヒーの味わいがしっかりと伝わります。種類別名称が「コーヒー」というだけあります。

確かに全体的には甘さが強めです。
しかしながら、コクがあるミルクの甘みと砂糖の甘さ、後味になるとコーヒーの苦味がしっかりと感じられるので、ただ単に甘いだけではなく、砂糖、ミルク、コーヒー、個々の要素をしっかり味わうことができます。

また、コーヒーの香りがとても華やか。
香料入りなので香料の影響なのかもしれませんが、自然でとても心地が良い甘い香りです。

これがショート缶の容量であっても不満がない味わいなので、250g缶と考えるとコストパフォーマンスの点でもGoodですね。量、味わい共に飲みごたえがある一本でした。
美味しかったです。