■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、デキストリン、乳製品、食塩、カゼインNa、乳化剤、香料、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
■100gあたりのカロリー:30kcal

ボス デミタスグランデ 微糖 東北限定


発売エリアが、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の東北限定の商品です。
東北で勤務している同僚にお願いして買ってきていただきました。ありがとうございます!

東北地方では、コーヒーとミルク両方のコクが重視され、濃い味わいを求める傾向があり、デミタスタイプの市場が大きいそうです。

そういえば、『北東北限定 ジョージア なめらかエスプレッソ』でも、エスプレッソ系が好きというデータがありましたね。

どちらも共通しているのは、濃いコーヒーの味わいが好まれるのでしょうか。

それでは飲んでみた感想は以下から。

力強いコーヒーのコクと苦味が広がります。
ある意味、ボスではこういうタイプは珍しい気がします。

牛乳も砂糖も入っていますが、あくまでも主役はコーヒーで、人工甘味料入りですが甘さも控えめ。
後味も、コーヒーの苦味が強く残り、ミルクのコクと合わせて濃い味わいになっています。

苦く濃厚な味わいを堪能していて、ほとんど存在を忘れていたのですが、それでも一点だけやっぱり気になるのが、後半になってくる少しづつ存在感を出してくる人工甘味料の独特の風味。

単純に甘くないタイプの微糖で十分美味しいのに、わざわざ人工甘味料が入っているのがなんとも複雑な気持ちです・・

そういえば、『北東北限定 ジョージア なめらかエスプレッソ』も人工甘味料が入っていました。たまたま偶然なのかもしれませんが、濃い味わいと共に人工甘味料も風味も好まれる土地柄なのでしょうか。

東北の皆さんいかがでしょう?