■販売者:金車股份有限公司中壢廠製造(http://www.kingcar.com.tw)
■内容量:240ml
■原材料名:水、砂糖、奶粉、咖啡、碳酸氫鈉、乳化劑(脂肪酸蔗糖脂)、大豆卵磷脂

台湾 缶コーヒー MR.BROWN 伯朗珈琲 藍山風味 Blue Mountain Blend Coffee

台湾缶コーヒーシリーズ。
ひとつ前の台湾缶コーヒーレビューはこちら。

「Blue Mountain Blend Coffee」の英語表記がありましたので、中身は明確です。
「藍山」でブルーマウンテンなんですね。

海外の缶コーヒーの場合は全体的に文字が読めない&文字入力できない事が多く、商品情報が分かる範囲だけ記入しています。台湾の缶コーヒーの場合なんとなく漢字の雰囲気から意味は予想できるのですが、正確なところは正直分かりません^^;

成分等の情報は写真をご参照ください。

台湾 缶コーヒー 伯朗珈琲 藍山風味
間違っている情報や追加の情報がありましたらお知らせただけると幸いです。

それでは飲んでみた感想は以下から。

いわゆるスタンダードタイプの缶コーヒーに近い味わいです。
海外の缶コーヒーにありがちな強烈なフレーバー感はなく、ごく普通に美味しいです。

ミルク感もたっぷり、やや強めの砂糖の甘さととてもよくマッチしています。
日本人の方が飲んでも飲みやすいと思います。

一方で、ブルーマウンテンブレンドとのことですが、コーヒー感はあまり伝わってこないです。
伯朗珈琲のレビューは3本目になりますが、今のところ共通した印象が、コーヒーの味わいは薄めであまり強くないんですね。

日本の缶コーヒーのように苦味や香りを前面に出してくるような部分が感じられません。

もっとも、これは飲み慣れている日本の缶コーヒーと比較するとそうなだけであって、台湾の缶コーヒーは悪いとか不味いという意味ではありません。

もし、風土や嗜好の違いであればそれこそが海外缶コーヒーレビューの醍醐味でもあるわけですから。
まだまだ他の種類の台湾缶コーヒーがありますから、どんな味が飛び出るか楽しみです。