■販売者:金車股份有限公司中壢廠製造(http://www.kingcar.com.tw)
■内容量:240ml
■原材料名:水、奶粉、咖啡、碳酸氫鈉、乳化劑(脂肪酸蔗糖脂)、大豆卵磷脂

台湾 缶コーヒー MR.BROWN 伯朗珈琲 二合一 COFFEE&MILK

台湾缶コーヒーのレビューが続きます。ひとつ前の台湾缶コーヒーレビューはこちら。

海外の缶コーヒーの場合は全体的に文字が読めない&文字入力できない事が多く、商品情報が分かる範囲だけ記入しています。台湾の缶コーヒーの場合なんとなく漢字の雰囲気から意味は予想できるのですが、正確なところは正直分かりません。

成分等の情報は写真をご参照ください。

台湾 缶コーヒー MR.BROWN 伯朗珈琲 二合一
間違っている情報や追加の情報がありましたらお知らせただけると幸いです

それでは飲んでみた感想は以下から。

缶を開けて中身の色合いは乳白色でまさにカフェオレのようなイメージです。

一口目の感想は・・

「薄っ」

でした^^;

思っていたよりもミルクもコーヒー感も薄いです。

何缶か飲み進めているうちにだんだんと分かってきましたが、独特のコーヒーの風味や香りはどうやらMR.BROWN共通のような気がしてきました。

全体的にはミルク感がいわゆる牛乳のような濃厚さやコクがなく、粉末ミルクやコーヒーポーションのような雰囲気の味わいです。

また、カフェオレにしては全然甘くないなと思ったのですが、原材料を確認したら砂糖は使ってないのですね。

パッケージの雰囲気から、日本の缶カフェオレによくある甘くて濃厚なカフェオレを勝手にイメージしてしまった為に、最初は全体的な水っぽさとミルクの味わいに物足りなく感じましたが、砂糖の甘さがないので、良く言えばさっぱりと飲める夏向けの無糖カフェオレともいえます。

海外の缶コーヒーの場合どちらかと言えば、ばかみたいに甘くて(笑)ミルク感たっぷりなものばかりという印象がありましたが、認識を改めないといけないですね。