■販売者:金車股份有限公司中壢廠製造(http://www.kingcar.com.tw)
■内容量:240ml
■原材料名:水、咖啡萃取液、砂糖、奶粉、碳酸氫鈉、乳化劑(脂肪酸蔗糖脂)、大豆卵磷脂

MR.BROWN 伯朗咖啡


缶コーヒーを探しに台湾に行ってきました。
これから少しづつ紹介したいと思います。

台湾 缶コーヒー


厳密には「珈琲」は中国語では「咖啡」と書くのですが、環境によっては文字化けするので、「珈琲」としています。

海外の缶コーヒーの場合は全体的に文字が読めない&文字入力できない事が多く、商品情報が少なくて申し訳ないです。台湾の缶コーヒーの場合なんとなく漢字の雰囲気から意味は予想できるのですが、正確なところは分かりません。

間違っている情報や追加の情報がありましたらお知らせただけると助かります。

そして、まずは台湾ではお馴染みのMR.BROWNの缶コーヒーから。
数種類ありますが恐らくこれが基本の缶コーヒーと思われます。

MR.BROWN


それでは飲んでみた感想は以下から。
やはり日本の缶コーヒーでは味わえない独特の風味がありますが、普通に美味しいです。
ミルク感たっぷりで、砂糖の甘さとよくマッチしています。

コーヒー自体の味わいや香りはいまいちな印象。
やや水っぽい印象でコーヒーそのものより、コーヒーフレーバーのような風味です。
やはりこの点は日本の缶コーヒーはすごいなぁと改めて思います。

もっとも、だから美味しくないというわけではないんです。
日本の缶コーヒーに慣れた舌なので、台湾の缶コーヒーの味に慣れていないだけかもしれませんね。