■製造者:ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:コーヒー、香料
■100gあたりのカロリー:0kcal

アロマックス ブラック

先日レビューしました、砂糖・ミルク入りの『ブレンド』に続きまして、今度はブラック無糖です。
『ブレンド』は190gでしたが、こちらは185gと微妙に容量が少ないのですね。

ポッカのaromaxといえば広口ボトルで小容量ながらも高級感のある缶コーヒーブランドのイメージがありますが、現在のアロマックスシリーズは「スタンダード」と「プレミアム」の2種類のグレードに分かれており、従来型の広口ボトルの小容量は「プレミアム」、こちらは「スタンダード」という位置づけのブラック無糖になります。

それでは飲んでみた感想は以下から。
原材料を飲まずに飲んだのですが、
「え、これで無香料?」と思ったほど独特の甘い香りが広がります。

そこで改めて原材料をみたら、なんだ香料入っているんですね。

アロマックスは無香料という勝手な思い込みをしただけですが、なるほど、ある意味スタンダードグレードとプレミアムグレードの差としては分かりやすいかもしれません。

コーヒーの味わいはやや酸味があるスッキリとした後味で、苦味や濃さはあまりありません。
全体的には香りが妙に目立ちます。アロマのアピールはすごいのですが、これがちょっとわざとらしく思えてしまうのが少し残念です。

もっとも、缶コーヒーの香料は演出だと思っているので私は肯定派なのではありますが、ブラック無糖の場合は原材料がシンプルなだけに妙に目立って演出過剰になりがちです。
なかなか難しいですね。

ある意味aromaxじゃなければそこまで気にならなかったことかもしれませんが、例えスタンダードグレードであったとしても、aromaxというブランド名がついているとどうしても期待は高まってしまうんですよね。

aromaxのブランドが付いていた方が売れるのかもしれませんが、同時にブランド価値を弱めてしまっている気がして、それでよかったのかなぁと改めて思ってしまいます。