缶コーヒー ワンダ 手仕事品質■販売者:アサヒ飲料株式会社
■名称:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料
■100gあたりのカロリー:33kcal

昨年秋に発売された商品で今更感がありすみません。倉庫から出てきました^^;

人の手で丁寧に選別した手摘み豆のみを使用し、焙煎、抽出工程も含めて、手で淹れるコーヒーの美味しさを追求した独自の製法「ハンドクオリティ製法」を採用した、手仕事品質の缶コーヒーとのことです。

それでは飲んでみた感想は以下から。
 
先に言います。美味しいです。

開栓するとコーヒーと優しいミルクの香りが立ち上り、コーヒー・ミルク・甘さの3要素がバランスよく調和しています。それぞれの要素どれもが主張しすぎることなく、かつ、ちゃんと個々の風味も楽しめるスタンダードタイプらしい味わいになっています。

コーヒーも香料入りながら鼻につくような感じはなく、香料なのか分からないくらい自然な風味です。後味にはコーヒーのほろ苦さが残り、主張しすぎない砂糖の甘さ加減もよいです。

ある意味、何の変哲もない普通のスタンダードタイプ缶コーヒーであったりもするのですが、今となってはこの普通が逆に好印象になってしまうというのが、缶コーヒー歴が長すぎるおっさんの弱いところです。

最近、同じワンダでも『モーニングショット』だとやや甘すぎるように感じる歳になってしまったので^^;

なにはともあれ、素直に美味しかったです。