■販売者:金車股份有限公司中壢廠製造(http://www.kingcar.com.tw)
■内容量:240ml
■原材料名:水、砂糖、奶粉、咖啡、碳酸氫鈉、乳化劑(脂肪酸蔗糖脂)、大豆卵磷脂

伯朗珈琲 白金頂級珈琲

台湾缶コーヒーシリーズです。ひとつ前の台湾缶コーヒーレビューはこちら

今回は「白金頂級珈琲」原材料をみるとこちらもいわゆる砂糖・ミルク入りのスタンダードタイプといったところでしょうか。

海外の缶コーヒーの場合は全体的に文字が読めない&文字入力できない事が多く、商品情報が分かる範囲だけ記入しています。台湾の缶コーヒーの場合なんとなく漢字の雰囲気から意味は予想できるのですが、正確なところは正直分かりません^^;

成分等の情報はこちらの写真をご参照ください。
台湾 MR.BROWN 伯朗珈琲 白金頂級珈琲

間違っている情報や追加の情報がありましたらお知らせただけると幸いです。

それでは飲んでみた感想は以下から。
これもまた伯朗珈琲らしい独特の風味がありますね。
この珈琲の風味は日本の缶コーヒーにはない風味なので、私の稚拙な語彙力ではなんとも表現のしようがなく歯がゆいばかりです^^;

珈琲そのものというより、「珈琲風味のこの液体」というニュアンスなんです。
あくまでもニュアンスですよ。

なんとなく分かってきたのは、砂糖、ミルク、コーヒーそれぞれの要素において、砂糖の甘さとコーヒーの独特な風味が突出しており、ミルク感がうまく全体をまとめきれていないような印象です。

もっとも、何度か書いているように、日本の缶コーヒーを飲みまくってきた私の舌が、日本の缶コーヒーの味と勝手に比較しているだけであって、だからダメだというニュアンスはありません。

そういう意味では私の個人的な好みでは、不味くはないけど、美味しいとも言えないというところが率直な感想でした。でも、砂糖の甘さがあるので飲みやすくはあるかな。