■販売者:金車股份有限公司中壢廠製造(http://www.kingcar.com.tw)
■内容量:240ml
■原材料名:水、奶粉、咖啡、碳酸氫鈉、乳化劑(脂肪酸蔗糖脂)、大豆卵磷脂

台湾
 缶コーヒー 伯朗珈琲 二合一 曼特寧風味


台湾缶コーヒーシリーズです。ひとつ前の台湾缶コーヒーレビューはこちら
曼特寧風味』は別の種類を以前レビューしましたが、こちらの商品は「2合1」シリーズ(?)になります。両者の違いは何かと言うと、「2合1」はCOFFEE&MILKで無糖タイプになるようです。

なお、海外の缶コーヒーの場合は全体的に文字が読めない&文字入力できない事が多く、商品情報が分かる範囲だけ記入しています。台湾の缶コーヒーの場合なんとなく漢字の雰囲気から意味は予想できるのですが、正確なところは正直分かりません^^;
成分等の情報はこちらの写真をご参照ください。
台湾 缶コーヒー MR.BROWN 伯朗珈琲 二合一 曼特寧風味

間違っている情報や追加の情報がありましたらお知らせただけると幸いです。

それでは飲んでみた感想は以下から。
これまた一口目がなかなかのインパクトです。
確かにこれは無糖ですね、全く甘さはありません。

伯朗珈琲を何缶か飲み進めているうちにだんだんと分かってきましたが、独特のコーヒーの風味や香りはどうやらMR.BROWN共通のような気がしてきました。

珈琲にミルクを加えた味わいではあるのですが、コーヒー自体が妙に薄くて、ミルクと相まって独特の風味が際立ちます。苦味は少しありますが、コーヒーの渋みだけが残った感じの後味です。

正直なところ、不味くはないけど、美味しくはないかなぁ^^;

もっとも、コーヒー&ミルクで無糖というジャンルはカフェで飲むにはよいのですが、缶コーヒーとなると日本でも種類は多くありませんし、個人的にも得意ではないジャンルではあります・・
コーヒー&ミルクで無糖の缶コーヒー好きな人でしたら印象は違ったかもしれませんね。