缶コーヒー ボス 東海・北陸限定 アティトラン■販売者:サントリーフーズ(株)
■品名:コーヒー
■内容量:185g
■原材料名:砂糖、コーヒー、牛乳、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料
■100gあたりのカロリー:31kcal

エリア限定の“ご当地ブレンド”「ボス レインボーマウンテンブレンド」は、地域別嗜好調査結果に基づき全国7地域の嗜好の違いに合わせた味になっているとのことです。

今回は東海・北陸限定の「アティトラン」
発売エリアは愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、富山県、石川県、福井県
こちらは名古屋に行く機会がありましたので名古屋駅近くの自販機で無事入手できました。

爽やかな酸味が特長の「アティトラン」地域の豆を中心にブレンド(51%使用)。とのことです。

それでは飲んでみた感想は以下から。
缶を開けた瞬間の香りから何やらすごいものが出てきそうな雰囲気です。

そして、実際の味と香りにビックリ。
九州・沖縄限定の『サンマルコス』もなかなか特徴的な香りでしたが、『アティトラン』は飛び抜けています。

でも、この独特のフルーティーな果実感、かつてなにかの商品で飲んだような記憶があるんですよね。
なんだったかなー思い出せなくて悔しい・・・。

全体的な味わいは甘さはやや控えめで、爽やかな酸味とフルーティーな甘い香りが特徴的です。
濃厚さはなくスッキリと飲めるのですが、やはりこの独特の香りは賛否が分かれそうです。

ただ、最初は凄く違和感があったのですが、飲み進めていくと妙に後を引く不思議な魅力があります。

なるほど、最初は慣れない味だけど妙に後引く感じは、名古屋名物の「味噌煮込みうどん」や「あんかけスパ」みたいな感じでしょうか?(笑)。ちなみに私はどちらも大好きです。

通常の『ボズ レインボーマウンテンブレンド』とは全然違う、とても面白い味わいでした。
これこそ、ご当地限定ブレンドという企画らしい商品だと思います。