缶コーヒー サンガリア 煎りたて珈琲プレミアム ブレンド■販売者:株式会社 日本サンガリアベバレッジカンパニー
■品名:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤、香料
■100gあたりのカロリー:18kcal

サンガリアの「煎りたて珈琲プレミアム」シリーズから「ブラック」「微糖」に続き、今回はスタンダードタイプをレビューいたします。こちらも大阪で入手しました。

ちなみに私の住んでいる関東エリアでは見かけた事がないのですが、関西限定でしょうか?

「微糖」タイプの原材料の並びから、甘味料(アセスルファムK)だけが無くなっています。
本当に砂糖が減った分を甘味料でカバーした以外は中身は一緒かもしれませんね(^^;

それでは飲んでみた感想は以下から。

ミルク感がたっぷりあって、しっかりとしたコーヒー感とマッチしています。
甘さはスタンダードタイプにしては抑えめでしょうか。
その分、コーヒーの苦味が楽しめる印象です。

ミルク感、甘さ、コーヒーの個々の味がしっかり楽しめる、スタンダードタイプらしい味わいではあるのですが、強いていえば、若干コーヒー感が薄いように感じます。

もう少しコーヒーが濃ければ個人的な好みにど真ん中なので妙な悔しさが残りますが、これはまあ個人の好みの範囲というところで。恐らく嫌いな人はいないであろう、まさにスタンダードな味わいでした。

美味しかったです。

しかしサンガリアの商品が手軽に入手できる大阪の方が羨ましいです。
しかも大体は100円以下で入手できるわけですから。