缶珈琲 ポッカコーヒーオリジナル(名神高速道路50周年祈念缶)■製造者:ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
■名称:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
■100gあたりのカロリー:36kcal

みなさんご存知の『ポッカコーヒーオリジナル』は1972年に発売されデザインを変えて今でも発売されています。その初代デザインがこちらの商品になります。

『ポッカコーヒーオリジナル』といえば「男の顔」のデザインというイメージがありますが、初代はこんなににぎやかな雰囲気だったのですね(笑)

そして、1973年にホットとコールドを切り替えられる自販機の1号機が設置されたのが、名神高速道路の「養老SA」です。

NEXCO中日本とポッカがコラボして、名神全線開通50周年記念の「名神50周年記念デザイン缶コーヒー」が昨年7月より販売されました。こちらはその「養老SA」で入手してきました。

缶コーヒー ポッカコーヒーオリジナル(名神高速道路50周年祈念缶)
名神全線開通50周年

それでは飲んでみた感想は以下から。

初代を飲んだ事がないので味が初代と同じかどうかは分かりませんが、恐らく中身は昨日レビューした現在発売されている『ポッカコーヒーオリジナル』と同じだと思います。

砂糖とミルク、コーヒー豆とが三位一体となり、バランスの取れた味。
「牛乳、砂糖、コーヒ、乳化剤」という極めてシンプルな原材料構成に、香料不使用。
これぞまさに「スタンダードタイプ缶コーヒー」の元祖であり、基本中の基本となる味わいです。

昨今は人工甘味料入りの微糖や糖類ゼロの台頭で、ローカロリーを優先した美味しくない缶コーヒーが増えて何度も心折れそうになりました。

でも、屈指のロングセラーである、この『ポッカコーヒーオリジナル(公式サイト)』と『ダイドーブレンド ブレンドコーヒー(公式サイト)』が発売され続けている間は缶コーヒーファンを続けていけそうです。

何度飲んでも飽きません。美味しかったです。