タイのお土産で人気の商品にプリッツの「ラーブ味」があります。

わたくし、これがめちゃくちゃ好きでして、誰かがタイに旅行に行くという噂を聞きつけると、「プリッツ ラーブ味を買ってきてほしい」とお願いするくらい好きです。

あまりにも好きすぎて、以前よりネット通販で箱買いできないかと探しているのですが売っておらず、個人輸入すら考えたほど病みつき度が高い危険な味なのです(笑)

その恋焦がれるプリッツ「ラーブ味」が数量限定で日本で発売されるとのニュースを聞き、箱買いをしてきました。

プリッツ「ラープ味」


それでは食べてみた感想は以下から。

箱を開けると、2つの小袋に分かれています。

プリッツ「ラーブ味」


食べた瞬間に口に広がる刺激的なスパイスの味がいいですね。
肉の旨みにハーブを効かせて、コリアンダーと魚醤パウダーを使用しアジアンなテイストに仕上がっています。

スパイシー度がかなり高いので辛いのが苦手な方やお子様には向かないと思います。
ビールと一緒に食べたい大人な味わいです。


プリッツ「ラーブ味」


「やっぱりラーブ味は美味いなぁー」

と、言いたかったのですが、

だがしかし、一つだけ突っ込みたい!

本場タイのプリッツ「ラーブ味」とは同じ味ではありません。

タイで売られているラーブ味のスパイスの方が味が濃いし刺激も強いし中毒性も高いです。
日本人の口に合うようにマイルド寄りに調節したのでしょうか?
日本版はライム・ミントの味が強すぎて、酸っぱさと爽やかさが強くなった印象です。

せっかく世界で人気の味を限定販売するのであれば、変にアレンジ加えないで欲しかったです・・・

とはいえ、これはこれでやっぱり美味しいことには変わりありませんし、味付けは違いますが、限定発売とのことなので興味のある方はぜひ買ってみてください。
そして、この味が気に入った方はぜひ本場タイのプリッツ「ラーブ味」も試していただければと思います。

プリッツ「ラープ味」


ということで、日本版の味付けになってしまったおかげで以前にも増して本場タイのプリッツ「ラーブ味」への想いが増加してしまいましたよ!どうしてくれるんだ、江崎グリコさん!(笑)

これはもうプリッツ「ラーブ味」とタイ版缶コーヒー探しの旅に出るしかないでしょうか。