缶コーヒー コメリ ブレンドコーヒー■販売者:株式会社コメリ
■名称:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:コーヒー、牛乳、砂糖、全粉乳、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
■100gあたりのカロリー:18kcal

いつも大変お世話になっている、缶コーヒーコレクターで有名なつばめ92号さんからこれまた珍しい缶コーヒーをいただきました。いつもありがとうございます。

株式会社コメリは、新潟県に本社があり、新潟県を中心に ホームセンターを展開している会社です。HPを見ると価格は税込38円という破格の値段で提供されているようです。

さて、レビューの前にどうしても言いたいことが。

『ブレンドコーヒー』という商品名、「微糖」表記はなし、赤い缶。
しかも昨日レビューした通り、これとは別に『微糖』の缶コーヒーも発売されている。

これらの要素から当然のように砂糖・ミルク入りの一般的なスタンダードタイプかと思ったのですが、原材料に「甘味料」が居るのに驚きました。

人工甘味料が入っているのに「微糖」じゃない?
あたかも人工甘味料が使うのが標準と言わんばかりの状況は今の缶コーヒーの状況をよく表しています・・

以前にも微糖についてはあれこれ書きましたが、なにをもって微糖タイプなのかジャンル分けに悩む商品です。とりあえず当ブログでは甘味料入りはもれなく微糖タイプにカテゴライズします。

それでは飲んでみた感想は以下から。

ミルク感が弱く、妙に甘く、コーヒーに存在感がない、第一印象はよくある廉価版の缶コーヒーなんです。

ところが、不思議なのが人工甘味料が入っているはずなのにほとんど気にならないんですよね。
後味にはコーヒーの自然なほろ苦さも感じられますし、全体的にはおとなしい印象ではあるのですが、すいすいと飲み進められることができるんです。そして気づいたら飲み切ってしまいました。

結構甘いし、牛乳も入っているのに、カロリーが低いのは人工甘味料の効果であることは間違いないとは思うのですが、なんとも不思議な気分です。

確かにコクや味の濃さは足りないですが、なんといっても税込38円ですから。
多少薄くても少しでも安いほうがいいというニーズに対しては十分ではないでしょうか。