サンコー fabo キリマンジャロ100%■販売者:株式会社サンコー
■品名:コーヒー
■内容量:190g
■原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、乳化剤
■100gあたりのカロリー:33kcal

個人的に大好きなブランドでもあるサンコーのfaboです。
福岡で購入してきました。

数年ぶりにfaboシリーズを購入したので、てっきり新商品かと思っていたのですが、2010年にレビューした『キリマンジャロ100%』と缶のデザインも原材料順も全く変わっていませんでした。

ちなみにスペシャルティ・コーヒーということで160円という価格です。

基本的に全く同じ商品のレビューは1回しか書かないのですが、せっかく久しぶりに飲みましたので写真も撮り直して再レビューしてみます。

それでは飲んでみた感想は以下から。

キリマンジャロのまろやかな酸味と香りの良さが広がり、飲み込んだ後からコーヒーの苦味がじわじわとこみ上げてくるのがよいですね。

ミルク感もしっかりあるのですが、それ以上に思ったよりも砂糖の甘さが強めな印象です。
もう少し砂糖の甘さが少なければより味のバランスがよくなるとは思いますが、これはまあ個人の好みの範囲だと思います。

しかしながら、大変美味しい味ではあるのですが、冒頭に書いたように他のfaboが130円という価格の中、こちらは160円という強気な価格。

では、このプレミアム価格がなるほど納得かと言うと若干物足りなさを感じます。

確かに2010年にレビューを書いた時はプレミアム価格に納得という印象を持っていましたが、評価が変わってしまったのかもしれません。

これは恐らくFIREを始めとしてここ数年で缶コーヒーの香りも苦味も風味も、より濃く、本格的に進化を遂げたので、プレミアムな缶コーヒーのレベルが格段にあがったためだと思われます。

もっとも、昔から味が変わらないということも、それはそれでとても嬉しいもの。
味を変えたほうがいいという感想ではないんですけどね。