CAFE DRIP 『コク深微糖 2014』◆販売者:神戸ビバレッジ株式会社
◆名称:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料名:コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)
◆100gあたりのカロリー:15kcal

会社の方からいただきました。赤坂の自動販売機で入手したとのこと。ありがとうございます!
こちらの缶コーヒー2011年にレビューしていました。デザインも原材料名もカロリーも同じなので中身も当時と変わっていないと思われます。

商品の入れ替えが早い缶コーヒー市場では、同じ商品名でも1年も経つとデザインや中身を微妙に変えてくるものが多い中、息の長い商品に驚きます。

久しぶりなので改めて写真も撮り直してレビューしたいと思います。商品名は便宜上2014としています。
それでは飲んでみた感想は以下から。

一昔前の微糖缶コーヒーっぽい缶コーヒーです。

ミルク感、砂糖の甘さは控えめで後味はすっきり系。コーヒーの酸味や苦味はあまり主張してこないコーヒー感です。やや薄くて水っぽさはありますが、スッキリとしたコーヒー感と控えめなミルク感、落ち着いた甘さのバランスは悪くありません。

しかしながら、後半戦になると印象は大きく変わり人工甘味料の風味が主張してきます。最近は、人工甘味料の独特の不味い風味をあまり感じさせない商品も増えているのですが、この点が冒頭に書いたように一昔前の微糖缶コーヒーと思った部分です。逆に言うと昨今の微糖缶コーヒーの人工甘味料風味はだいぶ抑えられているんだなぁとも思いました。

後半の後味は少々残念ではありますが、神戸ビバレッジの缶コーヒーは格安自販機だと80~100円、ディスカウントストアだと50円以下で入手できることが多いので、値段を考えれば文句はございません。