私が一番好きな氷菓といえば赤城乳業の『ガツンとみかん』とガリガリ君の『梨味』。
きっと今年も大変お世話になる事でしょう。

→ 赤城乳業のレビューまとめ

そして、その赤城乳業からガリガリ君『アイスコーヒー味』が発売されましたので早速買ってみました。

ガリガリ君 アイスコーヒー味

パッケージのイラストだとアイスコーヒーにガムシロップを入れた味のイメージでしょうか。
原材料をみるとコーヒーポーションの主原料でもある植物油脂は入っていますが、乳製品(牛乳)は見当たりません。

それでは食べてみた感想は以下から。
 
ちゃんとコーヒー味です。甘さは抑えめで、コーヒーらしいほろ苦味さもあります。

パピコのチョココーヒー味のようなミルク感がある濃厚な味わいの方向性ではなく、氷菓らしくサッパリとしていて全体的には味は薄めとも言えます。


img140515_2


味そのもののは本格的なコーヒーというより昔なつかしのロッテのコーヒーガムのような(分かるかな?)コーヒー味のお菓子のような雰囲気です。

味は決して悪くないのですが、ガムシロップ入りのアイスコーヒーを凍らせたようなシンプルな味ゆえに、あたかも氷が溶けた喫茶店のアイスコーヒーのようにぼんやりした薄い味に後半はやや飽きがきてしまいました。

コーヒー牛乳味のようなミルク感や濃厚さがあるタイプも出たら面白いなと思いました。