【缶コーヒーレビュー】 「BOSS」発売20周年 『ボス 超』 -深煎りを超えたコクと旨味- サントリー◆販売者:サントリーフーズ(株)
◆品名:コーヒー
◆内容量:180g
◆原材料名:牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、カカオエキス、カゼインNa、乳化剤、香料、安定剤(セルロース)
◆100gあたりのカロリー:32kcal
◆発売日:2012年8月21日

先日、元祖BOSS缶コーヒーである『ボス スーパーブレンド』をレビューしましたが、このBOSSシリーズ、今年で20周年です。

私はBOSSの前身である「WEST」の頃に缶コーヒーにハマったので、BOSSとは20年の付き合いになるわけです。

そんな記念すべき年に発売されたのが“20周年メダルロゴ”があしらわれた缶が特徴的な『BOSS 超(ちょう)』です。

サントリーBOSS生誕20年を祝いつつ飲んだ感想は以下から。
 
元祖BOSSの『スーパーブレンド』とは印象は全く異なり、コクと苦味が強いコーヒー感あふれる仕上がりになっています。

ミルク感と砂糖の甘さもありながらしっかりとした超深煎りコーヒーのコクと風味があり、完成度がかなり高い缶コーヒーであることは飲めばすぐに分かると思います。結果的に非常に満足感が高い仕上がりになっています。

甘さやミルク感がコーヒー感より強い昔ながらのブレンド缶コーヒーももちろん大好きなのですが、一方で20年で缶コーヒーにおけるコーヒーの存在感がここまで高まったのかと改めて感慨深いです。

もちろん自分で豆を挽いて煎れたコーヒーとはコーヒーそのものの味わいの質が違うことは百も承知です。比べるのは野暮ってもんです。砂糖とミルクとコーヒーが三位一体となったものが缶コーヒーという飲み物ですから。

また、一時期の右も左も各社新作缶コーヒーは糖類ゼロ缶コーヒーを出せばいいという流れの中においても、サントリーさんはこのレギュラーブレンド缶コーヒーのジャンルにおいて常に新作を出し続けてくれていた点も20年の歴史と合わせて個人的に信頼度が高いブランドです。

次の30周年までも昔ながらの味わいの『BOSS スーパーブレンド』は残して欲しいですし、一方でコーヒー感にさらなる進化を遂げたレギュラー缶コーヒーBOSSの登場も楽しみにしています。

BOSS20周年おめでとうございます。