普段から砂糖・ミルク入りこそが缶コーヒーという飲み物であると考えている私ですが、この美山名水『無糖珈琲』は例外です。

暑い時期で喉が渇くからといえ、1日に甘い缶コーヒーを何本も飲むのはキツいなと思う時にローテに組み込まれるのが、この美山名水『無糖珈琲』なのです。

【缶コーヒー】美山名水 『無糖珈琲』の季節がやってきた

それでは美山名水『無糖珈琲』 その味わいは?
詳細は以下から。

実はその味わいは決して濃くもなく苦味もさほどなく、そんなにインパクトのある味のコーヒーではありません。

もしかして人によっては薄いという人もいるかもしれません。しかしながら、後味がとてもスッキリしていて、苦味・酸味・コク・濃さ、全てのバランスが非常に上品な味わいです。

コーヒー豆も特別良いものを使っている印象もありません。
ではなんでそんなに上品な味なのかとなると、これはもう「美山名水」の名の通り、水そのものの美味さと考えるのが自然でしょう。

そう考えると、コーヒー感が大人しいのは、この水の美味さを際立たせる為に意図的に配分されているのではないかと思えるほどです。

そして、単純に美味しいというのもそうなのですが、他にも驚くべきことが。


美山名水 無糖珈琲


それはその値段。近所の業務スーパーで1缶29円です!

1缶29円。

当たり前ですが、30本の箱で買っても870円。
大手メーカーの120円の缶コーヒーだったら、わずか7本しか買えません。

ということで毎年暑い時期になると箱買いしています。
私が缶コーヒーを箱買いするのはこの美山名水『無糖珈琲』くらいです。1日2~3本は飲むので。
それでも120円の缶コーヒー1本以下の価格です。

安い!

美山名水 無糖珈琲

ちなみに、この美山名水の缶コーヒーは自販機やコンビニでは見かけた事がありません。

業務スーパーやディスカウントショップに行くとたまに居ます。
恐らく50円以下で売られていると思います。

口に合わなくても痛くない出費だと思うので、見かけたらぜひ1缶買ってみてください。

もちろん、スタバやタリーズのアイスコーヒーの味と比べないでくださいよ(^^;
でも、50円以下でこのクオリティのコーヒーが出せる店や他の缶コーヒーもなかなか無いと思います。
自分の好みの味だからということもあるのですが、下手な大手の120円無糖ブラック缶コーヒーより美味しいです。