淀橋二郎ドットコム

缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物です。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探し求めてレビューを書くブログ。その他、商品レビューや食べたもの買ったもの行った所を色々レビュー。ヨドバシカメラ全店制覇なども。

2009年10月

グラコロの季節がやってきた 2009

わたくしマクドナルドはほとんど使わないのですが、ある特定の季節だけマック頻度が急激にあがります。

そうグラコロ(グラタンコロッケバーガー)の時期です。

グラコロ
グラコロ

中身はトロトロ~でハフハフの美味しさがたまらない。さらに、レギュラーメニューに復活した「ベーコンポテトパイ」なんかと合わせちゃったりしたらもー最高 (≧▽≦)

デブまっしぐらな組み合わせですが・・
 続きを読む

【DragonForce(ドラゴンフォース)】 単独来日公演

うおー 来年3月ですが。

Victorのサイト

しかもクラブクワトロ。
前回はZEPPだったのに。
チケット瞬殺かなー
すげー盛り上がりそう。

2日とも平日じゃないですか orz..
出来れば両日、最低でも1日は有給取って行きたい。


※11月6日追記
中止になりました・・


なんじゃこりゃ - 今日の1枚

パチンコ屋前で思わず撮影。


CR餃子の王将
CR餃子の王将

契約手続き - 引越し日記

審査が通ったので次は契約にまつわる諸々の処理です。

まずは連帯保証人に書類を書いてもらいます。
印鑑証明が必要なので用意してもらう。
厳しい管理会社では源泉徴収票が必要なところもあるとか。

自分は管理会社に赴き、契約内容の説明を受けて契約書にサインします。

続きを読む

物件探しいろいろ - 引越し日記

最近更新が滞っていたのは、週末ずっと物件探しをしてたからです。
本日なんとか申し込みまで行きました。
審査に落ちることは恐らくないと思うので、スムーズに行けば週明けにも決まるでしょう。

そういえば当ブログを始めた2007年も引越し日記を書いてました。
その時は2重家賃が嫌だったので、物件を決めるより前に退去連絡をしてしまい、物件探しがカツカツになってしまった反省を踏まえ、今回はある程度の2重家賃は覚悟の上で前もって物件を決めることに注力しました。

続きを読む

【蝶野正洋】 25周年特別興行~ARISTRIST in 両国国技館に行ってきます

あ、なんかお久しぶりの更新です。@昼休み中
陰陽座ツアーで関西方面に旅行に行っていたのですが、戻ってきたら仕事がこんもり溜まっていて、更新が滞りました。梅田ヨドバシも関西缶コーヒーについても次の3連休でまとめてレポートします。

で、タイトルの興行ですが、急に行くことになりました。
開催されるのは知っていたのですが、蝶野さんのブログで参加選手のコメントとか見てたら急に行きたくなって、そのまま両国のチケットをポチっと(^^;

何を隠そう、私は新日と言えば蝶野ファン。
残念ながら闘魂三銃士全盛の頃はリアルでは見てなかったですが、第4回G1で武闘派転向してから一気にファンになりまして、狼群団、nWo(懐かしー)で盛り上がっていた頃は、よくG1とかドーム大会とか行っていたものです。

その蝶野さんの25周年記念試合ということですからね。
ホント久しぶりにプロレス観戦であります。

楽しみ!

缶コーヒーの味わいが多様化というか不味い缶コーヒーが増えたような・・

「味わい多様化」で缶コーヒー市場異変 「微糖」が「スタンダード」を急追
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000000-jct-bus_all

J-CAST配信のニュースがヤフートピックスに載ってました。
記事の書き始めはこんな切り口。

缶コーヒーの定番と言えば、コーヒーと砂糖、ミルクがバランスよく入った、「スタンダード」タイプだった。ところが、近年「微糖・ゼロ系」タイプが人気を 集め、販売シェアでも05年の10.8%から08年には23.8%と急成長中だ。背景には健康志向の高まりに加えて、ヘビーユーザーも飽きさせない、「味わい多様化」に対応した「つくり込み」があった。

微糖・ゼロ系の出荷が伸びているって、なにを今更?と思いますが、
では本当に缶コーヒーヘビーユーザーを飽きさせず取り込めているのだろうか?


上記でリンクしたYahooニュースに付随するコメント欄を見ていただきたい。
ローカロリーを実現するために使われる人口甘味料の風味の悪さを指摘するコメントが多数。

微糖やゼロ系は砂糖の代わりに人工甘味料が入っているのが多く
独特の風味がして苦手

(ヤフーの記事はいずれ消えるので)なかでもここで引用したコメントは「そう思う」というユーザーの票をもっとも多く獲得したコメントです。

これって「缶コーヒーはコーヒーではなく缶コーヒーという飲み物」として、「美味しいから」「好きだから」と、昔ながらのスタンダード缶コーヒーを愛飲してきたヘビーユーザーこそが、このコメントに「そう思う」としたユーザーなのではないかと思うわけです。

つまり多様化によりヘビーユーザーのニーズを満たしたのではなく、むしろダイエット志向の強まりで、「味はあまりこだわってないからローカロリーを優先する」、極端に言うと、「不味くてもカロリーが低い方がよい」というライトユーザーの支持を集めたのだと思う。或いは、「缶コーヒーは甘くてカロリーが高いから」と、今まで缶コーヒーを避けてきた新規ユーザーを取り込めたのではないでしょうか。

と、ここまで書いて思ったのは、きっとヘビーユーザーという定義にも大きく分けて2種類あるんだなということ。「飲む本数」が多いヘビーユーザーと、缶コーヒー1本1本の味の違いにこだわり、メーカーや種類の違いを理解して飲み分けるヘビーユーザーがいるのではないかと思います。

今回の話では前者のヘビーユーザーは多様化により取り込めたかもしれませんが、後者のヘビーユーザーはむしろ見放されてしまった感すらあります。

実際に当ブログもそうですが、缶コーヒーの感想をブログで書かれているブロガーさんの中には、昨今の甘味料入りの微糖・糖類ゼロの台頭を嫌う方も多い。これらの多くはまさに長きに渡り缶コーヒーを愛飲してきた後者のヘビーユーザー。

もっとも、私自身はメーカーがローカロリー商品の開発に力を入れるのは仕方がないと思っています。缶コーヒーに限らず糖類ゼロビールも同様ですし、ローカロリー食品に市場ニーズがあるのが確か。企業は顧客のニーズを追い、売り上げを上げなければならない。

また、ほとんどのメーカーは甘味料を使わないスタンダードなタイプも残しているので、メーカーにとってみても、「そんなに甘味料入り缶コーヒーが嫌なら、スタンダードタイプも出してるんだからそっちを飲めばいいじゃん」といったところでしょう(苦笑)

だからこそ従来型の缶コーヒーが好きなヘビーユーザーの一人として危惧するのは、今後出てくる新製品が甘味料入り一辺倒になったり、加糖・ミルク型のスタンダード缶コーヒーの扱いがおざなりになることです。

実際に会社近くのネスカフェの自販機は甘味料入り缶コーヒーしかラインナップされてなく、スタンダード型ですら選択できなかったりする状況が実際に出てきたわけです。
(ちなみに別のメーカー自販機に移動しましたが)

自販機にはブラック・糖類ゼロ・微糖・糖類ゼロカフェオレと並び、加糖・ミルク入りの甘めのスタンダード缶コーヒーが各メーカー1種類しか選べなくなる日も遠くない気がします・・

まとまらなくなってきましたが、結局何が言いたいのかというと、タイトルにも書いたように多様化やローカロリー化は全然良いですし、微糖や糖類ゼロというジャンルが嫌なのではなく、甘味料入りは不味いから、甘味料を使わずにローカロリーで美味い微糖缶コーヒーをぜひ作って欲しいですということですよ!w

最新コメント
ブログランキング
投票にご協力ください☆
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
Amazonライブリンク
楽天市場
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
缶コーヒー歴20年以上。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探して飲んだ感想をブログに書いてます。人工甘味料入りは対象外。缶コーヒー好きの方からのフォローお待ちしてます!
QRコード
QRコード
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
ブログパーツ
ブログランキングならblogram
レビューポータル「MONO-PORTAL」
管理者へ連絡

名前
メール
本文