缶コーヒー探求・レビューブログ:淀橋二郎ドットコム

缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物です。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探し求めてレビューを書くブログ。その他、商品レビューや食べたもの買ったもの行った所を色々レビュー。ヨドバシカメラ全店制覇なども。

缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物です

“缶コーヒー”と“店コーヒー”と“家コーヒー”の魅力は全く別モノです。

缶コーヒー好きを公言すると、

「缶コーヒーよりちゃんと淹れたコーヒーの方が全然おいしいよ」
「缶コーヒーは甘いから嫌い」
「コーヒーの味がしない」

などと言われたりします。
実はその通りだと思っています。

私もタリーズやスタバなど店コーヒー大好きですし、自宅ではコーヒー豆を買って来てペーパーフィルタで淹れた家コーヒーをよく飲んでいます。コンビニコーヒーや、マックカフェのコーヒーは「缶コーヒーの価格以下でこんなに美味しいコーヒーが飲めるのか?」と感動するくらいコストパフォーマンスが高いです。

そして、普段からこれらのコーヒーは砂糖・ミルク無し(無糖ブラック)で飲みます。

それではなぜ、甘くてミルクが入っている缶コーヒーを飲むのか?

それは、缶コーヒーはコーヒーではなく、缶コーヒーという飲み物だからです。

缶コーヒーは「コーヒー感」「ミルク感」「砂糖の甘さ」の三要素の組み合わせとバランスで個性を彩る飲み物です。

そこに挽きたて・淹れたてのコーヒーを擬似的に表現するために香料だったり、保存性がある缶飲料という形態ゆえに必要な様々な添加物が加わり、複雑かつ、時には珍妙(?)な缶コーヒーの独特の味わいが形成されていきます。

カロリーを気にする人の為に、味を犠牲にしても砂糖の代わりに人工甘味料を入れたりするのはまさに清涼飲料水ならではの発想ですね。

また、個々の味わいが多彩なだけでなく、発売されている数そのものも豊富です。
缶コーヒーは各メーカー・ブランドから毎年多くの新作が出ては消えていくので、中にはビックリするほど美味しいものもあれば、投げ捨てたくなるほど不味いものが出てきたりもします。

さらに特定の地域でしか手に入らない商品だったり、海外の缶コーヒーだったり・・・

一言に缶コーヒーといっても掘り下げると数えきれないくらいの商品(味)が存在します。
その独特の個性と世界観ゆえに、もはや缶コーヒーとコーヒーを比較して、どちらが美味しいかの議論は無意味です。

中毒系で有名なラーメン、「ラーメン二郎」の名言 「二郎はラーメンではなくラーメン二郎という食べ物」と、まさに同じ感覚です。

ぜひ「缶コーヒーという飲み物」という視点で何種類かの缶コーヒーを飲み比べてみてください。
その様々な個性や味わいの違いに面白い発見があるかもしれません。

とはいえ、不味い缶コーヒーは勘弁してという方は、当ブログの最新缶コーヒーレビューを参考にしてくださいね。

【関連コラム】⇒ 缶コーヒーをレビューする際のこだわり

【缶コーヒーレビュー】 ボス 『レジェンドブレンド 伝説の香り』 - BOSS LEGEND BLEND

ボス レジェンドブレンド◆メーカー:サントリー
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、カゼインNa、乳化剤
◆キャッチ:コーヒー発祥の地・エチオピアで、昔ながらの伝統的な栽培方法を受け継いだ、香り高いコーヒー豆 LEGEND。気品ある「伝説の香り」が際立ちます。

『牛乳、コーヒー、砂糖』

個人的に一番好きな原材料の順序と、「伝説の香り」というネーミングにとてもそそられます。
缶のデザインもなんか高級そうだし、手で触った感触もよい。

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ダイドー D-1 『ファインクリア 微糖』 - DyDo Fine Clear

D-1 ファインクリア◆メーカー:ダイドードリンコ
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、植物油脂、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
◆缶に書いてあるキャッチ:特に無し

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む

【吉野家】 テラ豚丼

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/03/news059.html

メガに対抗してテラ。アイデア自体は個人的には嫌いじゃないんだけどさ。

ニコ動にアップしたらどういう事になるかまで想像できないものだろうか。

吉野家もこんなバカアルバイトの為に謝罪なんてとんだとばっちり。
ホットドック屋店員のブログでオタ、キモイ発言とか、mixiの日記で飲酒運転告白、大学謝罪とかもあったね。

「全社を挙げて該当店舗・従業員を特定し、確認が取れ次第厳正に処分する。会社としても、再度従業員教育を徹底する」

吉野家さんもお怒りの様子。
ネットサービスを使った個人の情報発信まで企業で管理できるわけがない。
であれば、厳しい処分で臨み真似をしようとする輩を封じるしかないですね。

【缶コーヒーレビュー】 ワンダ 『アフターショット 微糖』 - WONDA AFTER SHOT

ワンダ アフターショット◆メーカー:アサヒ飲料
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
◆キャッチ:しっかりとしたコーヒー感とスッキリ軽い後味。絶妙なブレンドと繊細なローストで香料を使わず微糖で仕上げた食後にふさわしい缶コーヒー。

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む

今日のMT その9 ウェブページ機能でプロフィールページを作った

MTではアーカイブとかに影響しない、ただの静的なHTMLも生成することができる。

MovableTypeではウェブページといわれている。
ウェブサイトを管理する『ブログ』と『ウェブページ』の使い分け

で、プロフィールページを作ってみた。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ジョージア 『ヴィンテージ レーベル<蔵出し熟成>』 - GEORGIA

ジョージア ヴィンテージ レーベル◆メーカー:コカ・コーラ
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、クリーム、香料、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)
◆キャッチ:通常より長い時間、蔵で寝かすことにより、うまみをしっかりと封じ込めた「蔵出し熟成コーヒー豆」を使用した缶コーヒー。

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ファイア 『挽きたて炭焼き』 - KIRIN FIRE

ファイア 挽きたて炭焼き◆メーカー:キリンビバレッジ
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、砂糖(グラニュー糖、ローストシュガー)、コーヒー、脱脂粉乳、全粉乳、乳化剤、カゼインNa、香料
◆キャッチ:備長炭だけで焼き上げた豆を、挽いてから18時間以内に抽出。炭焼き豆の香ばしさを封じ込めました。隠し味の焦がし砂糖が、香りとコクを際立たせます。

すんません、写真ボケてます・・ 

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ボス 『冬のくつろぎ<直火焙煎>』 - BOSS

BOSS 冬のくつろぎ◆メーカー:サントリー
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料(TOP6):牛乳、砂糖、コーヒー、脱脂粉乳、クリーム、バター
◆キャッチ:直火でじっくりと焙煎した深煎り豆を、荒挽きにして丁寧にドリップ。香ばしいコーヒーの風味と、まろやかなミルクのコクが、バランス良く広がります。寒い季節にホッとする、くつろぎの味わいです。

期間限定の缶コーヒー。

それでは飲んでみた感想は以下から。

続きを読む

【缶コーヒーレビュー】 ワンダ 『モーニングショット』 - WONDA

ワンダ モーニングショット◆メーカー:アサヒ飲料
◆種別:コーヒー
◆内容量:190g
◆原材料:牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、乳化剤、カゼインNa、香料、酸化防止剤(ビタミンC)
◆キャッチ:香り高く、コク深いコーヒー感を強化。ワンダ独自の新技術で豊かなコクとキレのよい後味を実現。すっきりとした雑味・渋味のないクリアな味わい。朝の目覚めにぴったりのモーニングショット。

それでは飲んでみた感想は以下から。
 続きを読む
最新コメント
ブログランキング
投票にご協力ください☆
にほんブログ村 グルメブログ ドリンク・ソフトドリンクへ
Amazonライブリンク
楽天市場
プロフィール

淀橋二郎

Twitter プロフィール
缶コーヒー歴20年以上。まだ飲んだ事のない缶コーヒーを探して飲んだ感想をブログに書いてます。人工甘味料入りは対象外。缶コーヒー好きの方からのフォローお待ちしてます!
QRコード
QRコード
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
ブログパーツ
ブログランキングならblogram
レビューポータル「MONO-PORTAL」
管理者へ連絡

名前
メール
本文